低リスクで安全に資産運用するには

資産運用は誰にでも出来る

難しそうだしリスクもあるから、と資産運用を躊躇していませんか。株で大金持ちになる、というのでは大きなリスクを伴いますが、地道で息の長い運用を望むのなら、誰でも始めることができます。初級者なら、まず投資信託から初めてみましょう。 投資信託は株と同様に、大きな支障が起こらなければ、運用利益と分配金を得られます。株は自分で銘柄を選んで購入するのに対し、投資信託は専門家に運用を任せるというものです。多少手数料はかかりますが、ほとんど問題にならない額です。 しかも投資信託は1万円程度から始められるので、まとまった資金がなくても大丈夫です。 投資信託は短い期間で売り買いするよりも、長い期間保有している方がリスクが格段に少なくなります。つまり、早く始める方が得だということです。 個人が資産運用することは、英米では常識です。将来のことを考えて、是非とも始めましょう。

個人ならNISAがお得

NISA(ニーサ)というのは、「少額投資非課税制度」のことです。購入した投資信託などにかかる、「分配金」や「譲渡(売却)益」に対する税金が、免除される制度です。 非課税投資枠は一年に120万円までです。期間は購入してから5年間です。個人で投資するのなら、利用しない手はありません。 NISA口座は、1人につき1口座持つことができます。金融機関に口座の開設を申し込めば、金融機関が税務署に対して手続きをしてくれますから、面倒なことはありません。 投資で注意することは、担当の方とよく相談すること。いくら投資できるのか、いつまで投資したいのか、利益はどのくらい期待しているのか、正直に話してアドバイスをもらいましょう。